月島食品HOME > 研究開発 > 分析・知財調査室

研究開発 分析・知財調査室

素材の基礎研究から店頭の商品開発まで、お客様と共に歩む研究開発。

「食品のおいしさと機能性を科学する」を基本テーマに、原料、食品素材、試作品、製品の計測、分析を行っているのが分析・知財調査室です。
「おいしい」とはどういうことか、消費者が求める「おいしさ」「風味」「食感」はどう変化しているのか。それを感覚や勘ではなく数値で測り、データ化し、製品開発や生産技術そしてお客様サポートに生かしています。
さらに、分析・知財調査室では市場の情報も収集、分析し、食の市場で今なにが起きているのか、どんな商品が売れているのか、それは何故かを、素材という切り口からデータベース化しています。
素材づくり、素材の活用、商品開発にデータと情報による客観的な尺度を提供し、研究・開発、製造、営業の活動に信頼性と説得力を与えています。
また、自社の知的財産を適正に保護すること、および自社技術をお客様に広く知っていただくことを主眼に活動しています。